- Biography -

大河原 愛 (おおかわらあい)

 

2004年 武蔵野美術大学大学院修了。2008-2010年にかけてニューヨークに滞在。主な個展は、新宿高島屋で個展を5回開催。その他、銀座、大阪高島屋、名古屋松坂屋など個展歴多数。海外では、2011年にアメリカ、ポートランドにあるHellion Galleryでも個展を開催した。

 

北京、上海、マレーシア、シンガポール、NYなど海外のアートフェアにも出品し、アートフェア東京には2009年より毎年出品している。

 

西欧のみならずロシアの海外コレクターにも作品が購入されたり、2008年からはMonkdogz Urban Art GalleryなどNYのギャラリーでも多くのグループ展に参加。

 

著名作家 桐野夏生や、 芥川賞作家の書籍においても本の装丁画として起用され、

Netflixドラマ「全裸監督」の劇中や、日本アカデミー賞受賞映画「ミッドナイトスワン」にても大河原愛作品が登場する。


2019年にはBSフジテレビ「ブレイク前夜」でも紹介され、近年はyoutube CMにも出演するなど、活躍の幅を広げている。



大河原愛 略歴


1979年 東京都生まれ

2002年 武蔵野美術大学造形学部日本画学科卒業

2004年 武蔵野美術大学大学院 造形研究科 日本画コース 修了

 

主な個展
2020年 個展 松坂屋本店名古屋 アンテナプラスアート
2019年 個展 新宿高島屋10階美術画廊
2018年 個展 松坂屋本店 名古屋 / 
個展 NODA CONTEMPORARY 名古屋

2016年 個展 新宿高島屋10階美術画廊

2013年 個展 新宿高島屋10階美術画廊

2012年 個展 大阪高島屋 ギャラリーNEXT

2011年 個展 Hellion Gallery ポートランド, アメリカ

2010年 個展 新宿高島屋10階美術画廊

2009年 個展 松坂屋本店 名古屋

2008年 個展 新宿高島屋10階美術画廊

2007年 個展 NODA CONTEMPORARY 名古屋

2003 - 2006年 個展 十一月画廊 銀座

 

主なグループ展・アートフェア
2021年アートフェア東京2021(同2009, 2010, 2011, 2012, 2013, 2014, 2015, 2016,2017,2018,2019も出品) 東京国際フォーラム
2020年 "The Sun Also Rises" Peep show space 
2019年 "Material Witness "WAH center, ニューヨーク
(キュレーター William Norton)"Mirage imperfect" 展 amplexus art gallery、盛岡

2017年 "Between the Lines", Parasol Projects、ニューヨーク
"Making their mark", 100 Bogart Gallery, NY(キュレーター William Norton)
"Making Bridge" WAH center, ニューヨーク (キュレーター William Norton)

2016年 Hive Galellry’s 11th Year Anniversary, Hive Gallery, ロサンゼルス

2015年 Summer Group show, Monkdogz Urban Art Gallery, ニューヨーク

2015年 Emerging Director’s Art Fair ULTRA(同2014, 2013も出品)

2011年 Pulp and Pigment – group print show, San Diego at Hellion South, アメリカ

2011年 SEIZE – An international exhibition, Monkdogz Urban Art & Artemisia, ニューヨーク

2009年 アーティスティック・クリスマス展 vol.3, 新宿高島屋10階美術画廊(同vol.1〜4、9も出品)

2009年 Sh Contemporary 2009, 上海

2009年 東京コンテンポラリーアートフェア 2009, 東京美術倶楽部

2009年 China International Gallery Expo 2009, 北京

2009年 Art Expo Malaysia 2009, マレーシア

2008年 アート・シンガポール2008, シンガポール

2008年 アジア・トップギャラリー・アートフェア08, ホテルニューオータニ東京

2008年 China Gallery International Expo2008, 北京

2008年 アートTaipei, 台湾

2007年 Flashing Flesh, Monkdogz Urban Art Gallery, ニューヨーク

2007年 Jump, Henry Gregg Gallery, ニューヨーク

2007年 アジアン・コンテンポラリー・アートフェア, ニューヨーク

2003年 第12期佐藤国際文化育英財団奨学生美術展, 佐藤美術館

他展示会歴多数

 

奨学金

2002 - 2004年 第12期財団法人佐藤国際文化育英財団 奨学生

2003年 財団法人守谷育英会 美術奨学生

2002年 武蔵野美術大学校友会奨学生

1998 - 2002年 武蔵野美術大学奨学生


 

書籍装丁画起用

2020年 桐野夏生著「日没」岩波書店 

2016年 鹿島田真希著「少年聖女」河出書房新社出版

2012年 辺見庸著「死と滅亡のパンセ」毎日新聞社出版 


メディアへの作品提供・ドラマ(作品提供・絵画制作指導)

2020年 映画「ミッドナイトスワン」(日本アカデミー賞受賞・草彅剛主演作品)
2018年 TV CM 「Beats」セット内 

2019年   Netflixドラマ「全裸監督」シーズン1(大河原のドローイング作品登場・劇中に使われるスケッチの作品制作、女優の描画シーン演技指導)

 

企業とのコラボ
2018年-2021年 ファッション会社 Tシャツに作品起用 株式会社 Turtle

2012年 高島屋 百華祭 コラボバック販売

2011年 高島屋 Misty アクセサリーデザイナーとのコラボによるネックレス、ピアス販売

 

CM出演 (メイン出演)
2021年 日本IVR学会提供の you tube CM

2006年 三菱鉛筆 ボールペン ジェットストリーム 店頭用 CM 出演 (レオナルド・ダ・ヴィンチの自画像をボールペンで制作)

 

TV出演 
2014年 TBSテレビバラエティ「私の何がいけないの」
2019年 BSフジテレビ「ブレイク前夜」
 

書籍・雑誌掲載
2021年 雑誌「図書」5月号 岩波書店 (文章寄稿)「雲と空の狭間で」

2020年 雑誌「アートコレクターズ」2月号 完売作家全データ2020

2019年 雑誌「ONBEAT」vol.11 特集:ONBEATが推薦する注目作家たち

    雑誌「ExtrArt」File 21   巻頭特集 6ページにわたり掲載

          雑誌「アートコレクターズ」2月号 特集:ザ・ヌード
2016年 アートフェア東京カタログ (2014年も掲載)

2013年 月刊「美術の窓」6月号、特集 新人大図鑑

2013年 ロシアインテリア雑誌「MEZONIN」誌 No153に掲載

2012年 書籍「Tall Trees of Tokyo」アメリカの出版社OVERCUP社よりアメリカで出版

2011年 フリーペーパー 「エリトア」 2011冬 第3号 インタビュー記事

2010年 コンパイルブック「Iroke」フランスで出版

2008年 月刊「ギャラリー」10月号 P79

2008年 月刊「アート・トップ」5月号 2・3月展覧会レビュー

2008年 「アートコレクターNo.7 月刊美術の窓増刊」特集:若手作家を探そう!

2008年 月刊「ギャラリー」2月号 今月の展覧会案内

2007年 月刊「美術の窓」10月号「話題の展覧会」

2005年 武蔵野美術大学大学案内2005 インタビュー記事

2005年 経済誌「力の意志」"Lady Go Round" インタビュー記事

2004年 月刊「美術の窓」4月号、特集 新人大図鑑 "編集部が選ぶ注目の新人“    他雑誌掲載歴多数

 

コレクション

銀座レストランArbace(作品4点が常設展示中)他

有名コレクター 関一彦   有名コレクター 山本冬彦 他

 

受賞歴

2002年 第1回 佐藤太清賞公募美術展 特選・文京区長賞

2002年 第16回 青垣2001年日本画展 入選

2002年 TAMA・デ・アート2003 佳作

1999年 TAC99’ 佳作   他


Statement


アインシュタインが「知識には限界がある。想像力は世界を包み込む」といったように

想像力は、何億光年も先の星と銀河を探すものにもなったり、

他者の痛みを想像することで、優しさを生み出すものにもなったりする。

腕や頭部の欠損したギリシャ彫刻がより美しく見えるのは、不完全であることがむしろリアルであるからかもしれない。

完璧でバランスのとれたフォルムよりも、私は不完全で不均衡なフォルムにそそられる。

精神に形は存在しないが、精神は何らかのフォルムを持っているように思えてならない。

私は常にそういった感覚的なフォルムを見つけ出そうと試みている。

私は、人の心の闇と痛みと、そこから滲み出る光を描き出したい。


私は、様々な素材と表現方法を用いながら、人間の精神の暗部や不安定さをあぶり出すために「視覚を刺激する装置」として美術を捉え、作品の制作を続けています。

ニーチェは「事実などというものはない。あるのは解釈だけである」と述べています。私たちが事実や現実と捉えているもの(解釈しているもの)は、本当にそこに存在したり、真理であったりするのでしょうか。自分たちが正義や不義と信じているものは、思想の違う他者にとってもその通り正義や不義であるのでしょうか。

古びたアンティークの額や写真を用いた半立体のオブジェやコラージュでは、特殊な光学フィルムを用いて、実際に在る物を屈折させて見せています。「見え方のブレ」を取り入れた作品は、見る人の記憶や深層心理を刺激し、日常、目にするモノやコトに対する認識の偏向性を暗示しています。また、油彩やコラージュの作品においても、一部は絵を覆うアクリル額の上にも描写してイメージを二層にして見せたりするなど、視覚へ刺激を与えるような美術を目指し研究しています。

ハイデガーは名高い芸術論『芸術作品の根源』において、芸術とは、いわば真理を開示させる行為である。つまり、「芸術とは閉じられていた真理を露出させ、突出させることだ」と述べていますが、私は、そこに共感を覚えています。

幼少期、私は平和の重要性を伝えようとした両親により、戦争の被害者や惨状の写真を見せられました。写真の中の情景が一部心の傷となって残り、やがて人間の精神の暗部や不安定さをあぶりだすような作品の制作に没頭するようになりました。多角的な視点を持つことが多くのバイアスを解く鍵になると信じ、不安感漂う今の時代に生きる多くの人に偏った思想や固定観念によって物事を捉えることの危険性などを、作品を通じて提示していきたいと考えています。